手間のかかる勤怠管理はやめましょう

手間のかかる勤怠管理はやめましょう 勤怠管理は、営利事業において労働管理の基本中の基本となります。労働基準法に定められた法定労働時間を守るための根拠となり、就労者また会社とも必要不可欠なものです。
特に残業のある日本の就労風土においては、労働時間把握の点からもきちんと管理されている必要があります。
しかし、昨今は勤務体系が複雑になっており、一昔前のようなタイムカードで管理する方法では手間がかかり、到底対応できなくなっております。
IT技術の進歩により、大規模で高額な勤怠管理システムを導入する会社もありますが、多くの会社では手が出ないだけでなく、操作が複雑で就労者がパソコン操作する場合に心理的負担になったり誤操作が多くなるなど、コストパフォーマンスがよくない場面が見受けられます。
パソコンで勤怠管理される場合は、手間のかからない有用なフリーソフトがいくつかありますので、試してみることをお勧めします。
会社にとって不要な機能は除いてできるだけ最低限の機能を求め、就労者また経理担当者の使い勝手のよいところから始めると、抜け落ちのない勤怠管理をスタートできます。
その上であれば、さらに複雑な機能を求めたい場合に、フリーソフトの有償化また有償ソフトへスムーズに移行することができます。

勤怠管理ソフトを徹底比較!

勤怠管理ソフトを徹底比較! 最近会社での勤怠管理はタイムカードや紙での管理からITを活用した勤怠管理システムが主流になっています。
日本国内では現在65ほどのソフトがあります。その中で選りすぐりのソフトを比較しました。

①jinjer勤怠
3000社以上から選ばれている素晴らしい実績があり、業界トップクラスの最安料金なのが特徴です。
パソコンだけでなくスマートフォンやICカードからも打刻ができるのはもちろんのこと、人工知能によるエンゲージメントアラート機能を搭載していることで、勤怠データを分析してくれ、退職などを未然に防ぐことができます。
初期導入費は0円で1ユーザーあたり月200円です。

②RecoRu
使いやすさと導入のしやすさに特化しており、難しい初期設定が不要なところが最大の魅力です。そのため即日利用可能です。
また、導入後に運用方法などで疑問点があった場合に無料で専門の操作窓口でサポートを受けることができるので安心です。
初期導入費は0円で1ユーザーあたり100円です。