タイムカードの打刻は古い?

タイムカードの打刻は古い? 勤怠管理の方法としては古いと言われるようになったタイムカードの打刻ですが、中小企業ではまだまだ使われることが多いです。1つのデメリットは、最低3年間は保管をする義務があるということです。電子の形式にしておけばハードディスク1個、バックアップ用にもう1個あれば足りる上、簡単に検索できるのでこの点では明らかに劣っています。逆にメリットは、システムを導入するためのコストがかからないという点です。

例えば1週間に限り倉庫で軽作業員が必要になり、そのためにアルバイトを雇うケースなどに、それだけのためにインターネットにつながったパソコン等を用意していたらコストのほうが割高になってしまうでしょう。勤怠管理の方法としては、徐々に勤怠管理システムへと移行していくことが予想されますが、しばらくはタイムカードの需要が完全になくなることはないでしょう。ネックとなるのはパソコンよりもインターネットにつながった環境と言えますが、スマートフォンやタブレットもしくはそれに類似するものを簡単に用意できるようになったらこの問題は解決するかもしれません。

タイムカードによる勤怠管理の不正を防止する方法

タイムカードによる勤怠管理の不正を防止する方法 勤怠管理で利用するタイムカードは、他の人が代理打刻を行うことで不正が出来てしまうデメリットを持ちます。例えば、1人の従業員が2時間の残業をしている時、もう1人の従業員が4時間の残業をしたとしましょう。2時間の残業をしている人は先に帰宅し、もう1人の人に4時間の超過勤務を行って帰る時に、その人のカードを打刻して貰うように頼むなども可能になるわけです。勤怠管理の目的の中には、決められた所定労働時間の中で会社で働いていたのか、残業をしている場合には当月何時間働いていたのかを確認するなどがあります。

超過勤務は可能な限りゼロにすることが会社の義務ではありますが、どうしても当日中にやらなければならない時には残業して仕事を終わらせるなどが必要になるわけです。本来2時間の超過勤務を4時間に変えてしまうなどの不正はあってはならないことではありますが、紙のタイムカードではこうしたことが可能になるデメリットを持ちます。そのため、最近では管理面においても便利な勤怠管理システムを導入する企業が多くなっています。