勤怠管理とタイムレコーダーについて

勤怠管理とタイムレコーダーについて 勤怠管理にタイムレコーダーが使われていたのは今は昔、いつも遅刻の常習犯の社員が黙って上司の印鑑を使って訂正印を押して出勤時間をずらしたり、本来なら社にいるはずの営業社員が直行直帰と申告していたために、大切な取引先との商談を逃したり、当の社員も自分の勤怠管理ができていなければ、管理監督者も社員の出勤状況を把握していなかったことが多かったのです。
タイムレコーダーによる勤怠管理では限界だらけです。
給与が毎月いくら支払われるのか、誰も把握できない、予測できない、勘に頼るしかないという状況は財政的にも不完全です。
今はクラウドシステムによる、誰も間違いようがなく、誰も不正ができない勤怠管理が可能になりました。
公平感を持って従業員が働ける。どんな上司の下でもサービス残業を強いられることがない、こういった平等さは従業員の士気を高めます。
タイムレコーダーではなく、クラウドシステムによる人事管理は多くの長所があります。

勤怠管理で削減できるコストとは?

勤怠管理で削減できるコストとは? 勤怠管理の導入によって様々なコストの削減が可能となります。
まず挙げられるのが人件費にかかるコスト削減です。
多くの勤怠管理では勤務管理と給与計算をリンクさせているシステムとなっていますので、それまで手作業でしていた労働時間を集計する手間と給与を計算する手間がかなり効率的に行えることができます。
これにより勤怠管理の事務業務に係る人件費の大幅な削減が可能となります。
また社員証にICチップを組み込むことで社員証をタイムカード代わりとして利用すれば、タイムカードを購入するコストの削減にも繋がります。
社員証は半永久的に使用することができますのでそうした面においても効率性が向上します。
このほか集約管理による費用削減も挙げられます。
近年ではインターネットの普及により、ネットで勤怠管理が可能なシステムもあります。
こういったシステムを利用すれば本社とは離れている事業所が多くあっても一元的に管理ができ、大幅な費用の削減が期待できます。