バイトに勤怠管理は必要?

バイトに勤怠管理は必要? アルバイトにも勤怠管理は必要です。勤怠管理は、社員やアルバイトを問わずそこで働く人たちの出退勤を管理するために最重要になるシステムです。管理をきちんと行っていないと、不正な操作によって働いてもいない時間帯に出退勤があったかのように操作されてしまうこともあります。特に、アルバイトはそうした点を曖昧にしがちなので注意が必要です。勤怠管理のシステムは、不正な改ざんを行わないように構築する必要があります。
企業にとって最も大きなダメージになるのは、社員の軽率な行動によって企業のイメージ全体を損なってしまうことです。理由のない時間外労働はブラックの対象とされてしまう可能性もありますし、クリーンなイメージを保つためには会社側もきちんと社員全体の管理を行っていることをアピールしなくてはいけません。改ざんの余地がない勤怠管理のシステムがあれば、万が一そこで働いている人と労働時間でトラブルになったとしても、企業側の主張が通るようになります。

スマホアプリでできる勤怠管理

スマホアプリでできる勤怠管理 勤怠管理は会社に出社した時刻と退社する時刻など、時間の管理が中心になります。一般的にはタイムカードを使って従業員一人一人が打刻を行う事で出勤および退社の時刻を証明する形で運用が進められています。
しかし、営業職の場合は外回りが多く、客先への直行もありますし、客先から直帰する事もあるなど、正確な勤怠管理が出来ません。最近は、スマホアプリを使って、管理システムへの打刻が可能になっています。外回りをしている営業マンが客先の会社に到着した時にスマートフォンを利用して打刻を行う、客先での打ち合わせを終えた後に打刻を行う事で、営業マンの勤怠を管理する事が出来るようになります。スマホアプリを使う事で、出張先での打刻を行う事も容易に行えるようになるので、すべての従業員の勤怠管理を適正化させる事が可能になって来ます。特に、残業時間まで打ち合わせなどで長引いた場合など、スマホアプリを利用すれば残業時間の集計処理を行う時にも便利です。