勤怠管理を電子化するメリット

勤怠管理を電子化するメリット ビジネスにおける業務のIT化、電子化の波は留まるところを知りません。
そしてそれは企業の営業活動に直接関わるところだけではなく、管理・間接部門の業務にも言えるものとなってきています。
特にその中でも最たるものが勤怠管理の電子化です。
従来の勤怠管理は紙のタイムカードによるものが主流となっていましたが、この方法では勤怠の記録はできても管理まではできません。
管理をするためには別途入力作業をして集計などをする必要があるからです。
しかし勤怠管理をシステム化すればタイムレコーダーで打刻された情報はインターネットなどを通じてすぐにサーバーに記録され、自動的に集計されます。
このことによって得られるメリットは一つだけではありません。
例えば管理職は自分の担当部門の勤怠状況をすぐにチェックすることが可能になるので過重労働を防ぐことにも繋がりますし、労働時間を集計し給与計算を行う部門にとってはかなりの業務量削減に繋がります。

デジタルではなくアナログで勤怠管理をするメリット

デジタルではなくアナログで勤怠管理をするメリット 勤怠管理をデジタル機的に管理する企業が増えて来ました。
元々社会全体が近年ではデジタル化しており、社員の出入りをICカードで管理したり、GPSでリアルタイムで位置情報を把握したり、スケジュールを全てパソコンで決める等、こういったITの活用が進んできました。

一方でデジタルには弱点があります。
データが不慮の事故で消えた場合、勤怠管理が一瞬にして不可能になる点です。
また大企業なら電子機器やシステムの導入に初期投資が惜しみなく出来ますが、ごく普通の個人店や小規模な組織の場合はそれは無理です。
むしろアナログで勤怠管理をした方がメリットが大きい場合もまだまだあります。

古典的ではありますが、紙とペンで勤怠管理をすればデータ消失や情報流出のリスクはありません。
現場のよく見える場所にスタッフのシフト表を掲示しておけば、パソコンで管理するよりも皆が一目で互いのスケジュールを把握できます。
パソコンだと細かい修正が面倒ですが、紙とペンであれば急遽スタッフが欠勤したり、反対に交代した場合や残業した場合も臨機応変に修正可能です。